30代サラリーマンのダイエット記録



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余った豆乳の使い方

豆乳クッキーを作る時、成分無調整の豆乳を使うのですが、僕がよく行くスーパーには500ml入りのものしか売っていません。
クッキーに使うのはほんの少しなので、大量に余ってしまいます。

そこで、余ってしまった豆乳をなにか料理に使えないかと考えてみました。

まず、簡単豆腐です。
豆乳を小皿に入れて、”にがり”を適量入れたらレンジ(弱)でチンッとやればやわらかーい豆腐が簡単に作れるんです。
分量はいつも適当にやっているのですが、250mlくらいだと”にがり”は大さじ1くらい。
レンジにかける時間もワット数によって違いますから、様子を見ながらやるといいでしょう。
ポン酢やだし醤油で食べるとウマーです。

次に豆乳鍋です。
昨日の夕食でも作りました。
豆乳にかつおだしの素を入れて、余り物の野菜、豆腐、豚肉なんかを入れて弱火で温めるように煮ます。
僕は塩で味付けしてそのまま食べますが、味付けせずにポン酢に付けて食べても美味しいです。
温めていると湯葉もできて、これまたウマーですよ。


ランキングです。クリックしてくださいませ~。
  ↓         ↓
バナー バナー


牛テールカレーできました

保温調理器で煮込んだ牛テールがいい具合に柔らかくなりました。
普通に鍋で煮るとふわふわトロトロって感じになりますが、保温調理器だと身はしっかりしたまま柔らか~って感じになるんですねー。
野菜を煮込んでもそうなんですが、ぐつぐつ煮込まないために繊維や細胞が壊れにくいんでしょう。肉の旨みがしっかり残ったまま柔らかくなってウマーです。

僕の場合、カレーに入れる野菜は、よーく炒めてから煮込み始めます。
玉ねぎが透き通るまでフライパン炒めたら、さらにジャガイモ、にんじんを入れてしっかり炒めます。下味に塩コショウを少々。
ニンニクは牛テールを下茹でしたときのものを流用しました。
スープはもちろん、牛テールを煮込んだ汁を使います。
今回の具材はシンプルにこれだけです。

やっぱり牛テールカレーは激ウマー
120-2034_IMG.jpg

このブログでは割と短時間で簡単に作れる料理を紹介してきましたが、今回のカレーは下ごしらえに時間がかかるので、サラリーマン向きではないかもしれませんね。
でも、僕はこの牛テールカレーが、カレーの中では一番好きなので今回は紹介してみました。


ランキングです。クリックしてくださいませ~。
  ↓         ↓
バナー バナー

牛テールの下ごしらえ

先日解凍した牛テールの下ごしらえをしました。

牛テールは内臓肉に分類される部位ですので、汚れなどを落とすために下ごしらえをします。

120-2024_IMG.jpg
まずは牛テールを水から茹でて、5~10分くらい沸騰させて血やアクを抜きます。
よく洗ってから、ネギ(青いところ)、ニンニク、生姜、ローリエと一緒に鍋に入れてから柔らかくなるまで煮込みます。
洗う時に、ぎゅっと力を入れながら洗うと残った血がよく落ちますよ。

120-2025_IMG.jpg
ここから3~4時間煮込むんですが、今回は保温調理器(シャトルシェフ)を使ってみます。
僕は、放っておけばできる料理(煮込み料理、オーブン料理など)が楽で好きなので、このシャトルシェフをよく使っています。この鍋、煮込み料理をよく作る人にはとても便利だと思いますよ。

120-2027_IMG.jpg

120-2029_IMG.jpg
最初に沸騰させてから、魔法瓶のようなケースにセットして煮込むんですが、火を使わないので放っておいていいんです。←ここが一番いいところです。
あと、焦げ付かない、煮崩れない、という特長があります。
ただ、普通の煮込み料理と違って水分があまり蒸発しないので、水の量を減らしたり味付けを濃い目にする方が良いみたいです。

牛テールを煮込むのは初めてなので、どんな具合になるか楽しみです。


ランキングです。クリックしてくださいませ~。
  ↓         ↓
バナー バナー

冷凍肉のおいしい解凍方法

週末購入した冷凍のお肉
解凍方法を間違えると、せっかくのお肉が台無しになってしまいます。

僕はいつも氷点解凍法という方法で解凍します。

120-2013_IMG.jpg
大きめの鍋に水を張り、水が入らないようにお肉をビニール袋や2重にした買い物袋なんかに入れて、鍋の中に沈めます。
これを冷蔵庫に入れて1日かけて解凍します。

こうすると肉の表面温度が上がりすぎず、細胞が破壊されたり、雑菌が繁殖することを防ぐことができます。
時間はかかりますが、言われなければ冷凍肉とは気づかないくらい良い状態で解凍できますよ。

そろそろ牛テールの解凍が終ります。
どんな料理にしようかな・・・


ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。
  ↓         ↓
バナー バナー

雑炊とお手軽ポテトサラダ

本日は前回の反省を活かしてちゃんと雑炊を食べます。

ということで、以前紹介しました簡単雑炊を作りました。
今回は手羽先ではなく、週末に仕入れておいた丸鳥(グリラー)を使います。

後で知ったのですがこの雑炊の作り方、なんだかサムゲタンの作り方に似ています。
まあ、サムゲタンの場合は丸鳥のお腹にもち米や薬膳の具材を詰め込んで煮込むみたいですけども。

ということで、同じように丸鳥のお腹に具材を詰め込んで煮込んでみようかとも思いましたが、なんとサムゲタンは2時間以上も煮込むんです。
サラリーマンの僕としては、帰宅してからでも簡単・短時間に作れる料理を目指しているので、そんなに時間をかけていられませーん。

結局、丸鳥を4つにぶつ切りして、前回と同様に30分で調理しました。
今回の具材は、長ネギ1本、ニンニク2片、生姜少々。
調味料は塩、コショウ、だし醤油です。
やっぱり日本人だからでしょうか。塩、醤油の味付けの方が好きですねー。
今度味噌も試してみようかな。


次に付け合せにポテトサラダを作ります。
こんなのがあるのを知ってました?
120-2015_IMG.jpg
ジャガイモの粉末で、お湯と牛乳で戻すと簡単にマッシュポテトができるものです。
僕は最近知ったのですが、ポテトサラダ好きの僕は試してみたくって早速購入してみました。

一箱はそんなに大きなサイズではないので、まあいっかと思いつつボウルにどさっと空けてみると・・・結構多いなぁ・・・・
なんだか嫌な予感を感じつつ、お湯と牛乳を加えてみると・・・ぎゃあぁぁぁぁ
多い、多すぎですよ。
こんなにできちゃいました。
120-2022_IMG.jpg

120-2021_IMG.jpg
何日分だよぅ。
マヨネーズもぜんぜん足りないので、少し塩・コショウを多めにしてみました。
具は、ハムと塩もみしたキュウリです。

まあとても美味しいのでよかったですが、さすがにちょっと反省しました。


ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。
  ↓         ↓
バナー バナー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。